EA 紹介ページ

Fujiyama(フジヤマ)

Fujiyama(フジヤマ)のロジック詳細

Fujiyamaの基本ロジックはグリッド型のEAでUSDJPYの1分足での使用となっています。

外部パラメーターの設定による、中央値の上でショート(売り)、中央値の下でロング(買い)を仕掛けます。

グリッド型の弱点と言われる、高値買い安値売りにならないように、中央値を設けハーフ&ハーフを取り入れたグリッドEAになっています。

 

外部パラメーターの中心線は任意で変更できます。週に1度(市場close時)に見直すと更に良い結果を期待できるかもしれません(バックテストはシステムの都合上、期間中でパラメーターの変更はできないため)。

 

ハーフ&ハーフ中央値は、前週の市場close時の価格を想定しておりますので、土日でパラメーター内のハーフ&ハーフ中央値の書き換えをしてください。

 

Fujiyamaをご利用頂くにあたって

Fujiyamaをご利用頂くにあたって必要なステップをご紹介します。

  1. XMTradingの専用口座開設
  2. EAダウンロード
  3. パスワードの発行

 

STEP1 XMTradingの専用口座開設

Shrineをご利用頂くにはXMTradingの口座開設が必要です。

XMTradingで口座をお持ちでない方は新規開設を下記リンクお願い致します。

既にXMTradingの口座をお持ちの方は追加口座の開設を下記リンクよりお願い致します。

 

デモ口座開設リアル口座開設

≫ XMTradingの口座開設方法を分かりやすく解説しました

 

いきなりリアル口座で稼働させるのが不安な方はデモ口座でフォワードテスト後リアル口座で稼働して頂いても構いません。

デモ口座稼働も専用パスワードが必要ですので、上記のリンクからデモ口座開設し、パスワード申請してください。

デモ口座からリアル口座に移行する際には再度パスワード申請が必要になります。

パスワードは1つの口座番号(リアル口座・デモ口座ともに)に対して1つのパスワードになります。

複数口座で稼働される場合は、必要分の口座開設を上記の口座開設リンクから開設し、パスワード申請してください。

 

STEP2 パスワード発行

EAはダウンロードしただけでは稼働できません。

免責事項を一読した後に申請フォームよりパスワード申請を行ってください。

パスワード申請フォーム

 

紐付け確認が完了しましたらパスワードを発行しますのでお待ちください。

 

STEP3 EAダウンロード

口座開設がお済の方はダウンロードに進んでください。

MT4にEAを設定する方法は【 Shrine(シャイン)の詳細 】の中にありますのでそちらをご覧ください。

 

Fujiyama パラメーター詳細

Fujiyamaの各パラメーターの詳細と推奨ロットについてご案内します。

 

画像と同じようにレ点チェックを入れてください。

 

MAJIC:マジックナンバーは適宜、変更されてください。

RangeMax:罠(予約注文)の上限値

RangeMin:罠 (予約注文)の下限値

Pips : RangeMaxの値からRangeMinの値のあいだの罠を仕掛ける範囲。

StepPips:罠を仕掛ける幅

ハーフ&ハーフ中央値:現在の価格が中央値より上にある場合はショートの罠。現在の価格が中央値より下にある場合はロングの罠を仕掛けます。目安は前週のclose時の値になります。

Baselots:運用資金に応じて変更してください。

TakeProfit : 利食い額(pips)

Stoploss : 損切額(pips)

 

◆ WEC = true

週末に一斉決済&一斉キャンセルをして、その後トレードを制限するときは 「true」、そうしないときは「false」を選択してください。
(以下項目を設定されない場合は false を選択してください。)

◆ TIME_DIFF = -6

エントリーや決済の日時を指定するときに、自動的な時差計算をするためのパ ラメーターです。

日本時刻を基準としたサーバー時刻との時差を、23 時制で入力してください。 たとえば、日本時刻が 16 時のときに、サーバー時刻が同日の 7 時であれば、「- 9」と入力します。また、日本時刻が 20 時のときに、サーバー時刻が翌日の 4 時であれば、「8」と入力します。

こうすることによって、以下の日時に関するパラメーターにおいては、すべて 日本時間で指定することができ、自動的にその時間に該当するサーバー時刻で エントリーや決済が実行されます。

ただし、夏時間と冬時間の切り替えは自動で行われないので、ご自身でこのパ ラメーターの数値を変更してください。
自動的な時差計算を行わずに、サーバー時刻で直接指定したいときは、このパ ラメーターには「0」を入力してください。そうすれば、以下の日時に関するパ ラメーターにおいては、すべてサーバー時刻で指定できます。

◆ START_DAY = 1

週明けにトレードを再開する曜日を日本時間で指定してください。

日曜日…0 月曜日…1 火曜日…2 水曜日…3 木曜日…4 金曜日…5 土曜日…6

となります。

デフォルトでは月曜日にトレードが再開されます。

◆ START_HOUR = 10

週明けにトレードを再開する「時」を日本時間で23時制にて指定してください。 デフォルトでは、日本時間の 10 時にトレードが再開されます。午後9時であれ ば「21」と指定してください。

◆ START_MINUTE = 0

週明けにトレードを再開する「分」を指定してください。デフォルトでは、0 分 にトレードが再開されます。30 分であれば「30」と指定してください。

◆ END_DAY = 5

週末に一斉決済&一斉キャンセルをする曜日を日本時間で指定してください。

日曜日…0 月曜日…1 火曜日…2 水曜日…3 木曜日…4 金曜日…5 土曜日…6

となります。

◆ END_HOUR = 23

週末に一斉決済&一斉キャンセルをして、その後トレードを制限する「時」を日 本時間で 23 時制にて指定してください。デフォルトでは、日本時間の午後11 時に一斉決済した後にトレードが制限されます。午前 2 時であれば「2」と入力 してください。

◆ END_MINUTE = 0

週末に一斉決済&一斉キャンセルをして、その後トレードを制限する「分」を指 定してください。デフォルトでは、0 分に一斉決済した後にトレードが制限され ます。47 分であれば「47」と指定してください。

 

デフォルトパラメータの設定での稼働でも上記以外の項目は触る必要がございません。

 

Fujiyama バックテスト結果

Fujiyamaのバックテスト結果です。

 

Fujiyama 10万円想定 0.02lot

 

Fujiyama 20万円想定 0.04lot

 

Fujiyama 30万円想定 0.06lot

 

Fujiyama 40万円想定 0.08lot

 

Fujiyama 50万円想定 0.1lot

 

Shrine(シュライン)無料配布中の自動売買EA【Shrine(シュライン)】。最新のロジックを搭載したEAです。日本の神社が由来のEAです。副業、不労所得をお考えの方におすすめです。...